人間のエッチとサルのエッチの違い

 

人がサルから分かれて進化したことは、最も優美な祖先を望んできた人たちも今では認めている。

 

実際、人とサルには共通点がたくさんある。

 

ともに直立して歩くことができるし、前方を向いた大きな目を持っている。
両手を使って物をつかむこともできるし、平均以上の知能を持ち合わせている。

 

しかしエッチに関してはかなり異なっている。

 

第一に、人はサルと違って、みんなの前で性交したりしない。
それとも、エッチについても何か共通点があるのだろうか?あるどころではありません。

 

いずれにしても人とチンパンジーは98パーセントの遺伝子を共有しています。
動物学者の見解によると、血統から言えば、猿人類と人の方が、猿人類とほかのサルよりも近いのです。

 

オス猿はだらりと下がったペニスを持っていて、性的に興奮すると、子供でも勃起します。しかも彼らはそのペニスを生殖に使うだけでなく、まさに私たち人間と同様、快楽のためにかなり頻繁に用いているのです。

 

メス猿の方も胸に乳腺を持っていますし、メンスもあります。また猿人類はキスをしたり、品減の用に互いに肌を愛撫したり、いちゃついたり、性交時に喘ぎ声を上げます。

 

同性同士の性行動は、雄雌問わず、異性同士の交尾と同じくらい各種の体位で行います。

 

ほかの大半の動物とは異なり、彼らはこうしたことを人間の用に年中行っているのです。